プレイセンター・ピカソって?ピカソって?
活動内容活動内容

一日の流れ
あそび


学習会まなびあい
お知らせお知らせ
ビーンズからビーンズから
メンバーの声メンバーの声
リンク集リンク集
MAPMAP
入会・見学希望の方

HOME
ピカソのあそび

ピカソのあそび

小麦ねんど

小麦に水と少量の塩と油、小さな子どもも安心して遊べるようにと、当番制で母親たちが作ります。食紅で色をつければ、その日の気分によっていろいろな色のねんどが完成。
その感触は何とも言えない心地よさ。丸めたり、容器に詰めたり、型で抜いたり、顔につけて髭にしたり…、子どもたちの創造性と五感を刺激してくれるプレイセンター定番の遊びです。

お絵かき/工作

クレヨン・サインペンで何でも描いちゃう!それをハサミで切ってお面にしたり、外遊びで見つけてきた葉っぱや小枝を貼り付けたり、子どもたちが自分の発想で好きなように好きな材料でつくります。上手にハサミを使う子を見て、一生懸命に真似しようとする子。子どもたちは互いに創作力を磨いてくれます。

変身

子どもにとってはだだの布でさえ、その想像力で素敵な衣装に。レースの布をかぶって"お姫様"、マントにすればヒーローとなり、いつもよりも凛々しく見えたりするから不思議なものです。フェイスペイント用のマーカーでヒゲを描けば猫にだってなれてしまう。その日は一日中猫の気分で過ごす子も?!

積み木/パズル

高く積んでは一気に壊す、その瞬間が子どもにはたまらないのだろうが、親にとっては音が気になる…けれどプレイセンターではそんな音も母親たちの喜びに。自分の背よりも高くつめるようになり、その喜びを多くの人に伝えてくれる子、知らないうちに積み木が上手につめるようになっている子、いろいろな子どもの成長を感じられる遊びです。

ままごと

プレイセンターには年代ものの木のままごとセットがあります。何の飾り気もない素朴なものですが、とても温かい。子どもと一緒に遊んでいると小さなコップを渡されて、ポットを持った子が「トクトクトク、はい、どうぞ」。日常生活の大切さを親にも感じさせてくれる遊びです。

絵本

誰かがママに絵本を読んでもらっていると、いつの間にか横から覗き込む子が増えています。絵本は子どもによって読み方・感じ方は様々で、絵を見て説明してくれる子、質問してくる子、ページをめくりたがる子。家で落ち着いて読むのとは一味違う。また、ママ以外の大人の人に読んでもらうのも、子どもにとっては新鮮で刺激的。

本は図書係のお母さんたちが、毎月、こんなのどう?と子供たちの喜ぶ顔を楽しみにしながら、近くの図書館で借りてきてくれているんですよ!

裏林の探検

"探検"と口にしただけでみんなワクワクしてくる!社務所の裏にはイチョウや杉の木々がはえていて、下草を踏みながら"何か"を探して探検すると、季節の移り変わりを肌で感じます。ダンゴ虫やカマキリ、ミミズにカタツムリ…時には、巣から落ちた鳥の卵の欠片が落ちていることも。小さな堀に渡した、小さな橋。わくわくドキドキしながら向こう側へ。友達と一緒に探検すれば楽しさも勇気も湧いてくる。

外遊び

<滑り台> 
3・4歳の子どもたちは素早く登ってはスピードを楽しんで、または友達と一緒に連なって…小さい子は滑り台に落ち葉を乗せて、落ちていく葉っぱを楽しんだりと、日々、子どもの遊び方は様々です。

<ブランコ>
ブランコで大切なのはゆずりあい。順番を待ったり、交代したり。子どもは気まぐれで、上手に交代できる日もあれば、できない日もある。そんな時でも、みんなが温かく見守ってくれているのがプレイセンターです。

<シーソー>
ひとりでは出来ないシーソー。でも、誰かがシーソーに行けば、誰かが「ぼくも…」とやって来てくれる。プレイセンターにくれば、みんなが友達なんだよね。

水遊び

夏の暑い日は子どもたちの大好きな水遊びをします。ビニールプールに水を張っているときからウキウキわくわく。プールの中にはじょうろにボール、空き容器…頭から水をかぶったり、空き容器を水てっぽう替わりにしたり、水を汲んで別の容器に移したりと、みんなパンツいっちょで楽しく遊びます。

いつの間にか、泥遊びになっている子、水遊びに少し飽きてパンツのままブランコに乗ってる子、シャボン玉をする子。そしてまた、水の中へドボーン。開放的な気分で思いっきり遊びます。



このほか季節ごとにピカソ祭り(10月)、クリスマス会(12月)、お別れ会(3月)などを開いています。




ご意見・ご質問はこちらへ pica_beans(アット)yahoo.co.jp
※(アット)を「@」に変えて送信してください。