プレイセンター・ピカソって?ピカソって?
活動内容活動内容

一日の流れ
あそび


学習会まなびあい
お知らせお知らせ
ビーンズからビーンズから
メンバーの声メンバーの声
リンク集リンク集
MAPMAP
入会・見学希望の方

HOME
活動内容

◇一日の流れ(ピカソのいちにちを見てみよう)

10時前、お当番さんが鍵をあけます。
子どもたちは徒歩や自転車をはじめ、小平市や国立市などの近郊の市から車でやってくるメンバーもいます。

まずは「おはよう!」と元気にあいさつ。

小麦ねんどや積み木・お絵かきなどピカソでお馴染みの遊びのほかに、その日のセッションの計画があれば遊びに必要な環境と用具などを準備していきます。
小さい子供達も慣れてくると、流れを分かってきて、自分でおもちゃを出したりして準備も楽しみます。

子どもたちは自由に遊びます。「今日はお部屋の中で遊びたいな…」、「神社の裏で探検遊びがしたいな…」子どもたちの気分や興味は毎日、変化に富んでいます。

ピカソの場所にお借りしている国分寺神明宮共益公会堂は40畳もあるのびのびした大きい部屋、木の実拾いや季節の野の花、昆虫に出会える緑に溢れた境内がとても魅力的!

子どもたちの小さな歩みについて行くと四季の移ろいを発見することもしばしば。

11時35分を過ぎたらお片づけの時間。
外遊びをしていた子どもたちも部屋の中へ戻り始めます。
そしてみんなで雑巾がけ。

子どもたちも親に言われなくても自分でできるお手伝いを見つけて大人と一緒にお片づけとお掃除に参加します。お母さんたちは各担当のチェックを済ませ、おわりの会へと移っていきます。

おわりの会ではわらべうたや手遊びを通じて親子がたくさんふれあいます。また、まだまだ遊び足りない子どもたちは元気一杯にその周りを走り回ったりもしています。

ピカソでは定番となった「ぞうきんの歌」は大人気。お母さんが子どものからだをかわいいぞうきんに見立てて、全身で思い切りスキンシップをするとても楽しいひとときです。

そしてピカソのコーディネーターであるビーンズを中心に各種のお知らせや報告などをした後は「さよならあんころもちまたきなこ♪」でセッション終了となります。

晴れていれば、お弁当を隣の公園で皆と食べて、外遊びや畑に行ったり、午後までたっぷり遊ぶこともできます。



ご意見・ご質問はこちらへ pica_beans(アット)yahoo.co.jp
※(アット)を「@」に変えて送信してください。