プレイセンター・ピカソって?ピカソって?
活動内容活動内容
学習会まなびあい
お知らせお知らせ
ビーンズからビーンズから
メンバーの声メンバーの声
リンク集 リンク集
MAPMAP
入会・見学希望の方

HOME
メンバーの声

ピカソに通っている参加者の声を紹介します!





車で40分と遠いのに1年間通えたのは、
児童館などでは自分(母親)から離れられなかった子が、
見学初日から離れて遊べるほどの安心できる雰囲気があったからです。



ピカソに出会ってもうすぐ1年。(ママ自身が)すごく人見知りで、
誰も知らない場所に行くなんて考えられなかったけど、
「子どもの為に!」と飛び込んだピカソ。
あの時勇気を出して正解!!
子どもも「今日ピカソ行くの?」と聞いてくる毎日。
入会の時に聞いた「みんなピカソが大好きになるんだよ」の言葉を思い出しました。



初めての子育て、しかも地方出身で、東京での育児に緊張しっぱなしでした。
それがピカソに通い出して、あれ?
今まで悩んでいたのは何だったの?
と思うほど、子育てが楽しいものになり、
「私も子どもと一緒に成長していこう!」と気分が楽になりました。
これも同じ子育てをしている仲間と一緒に、笑いながら過ごせるからです。



2年保育を選択して、行き場が無い中で、通うことになったピカソ。
ピカソがあったから、下の子も2年保育を選択することができました。



幼稚園に入れなかったことでピカソに出会うことができました。
もし、幼稚園に入れていたらピカソに出会えなかった。
あの時、幼稚園に入れなくて良かったと思っています。



「決まった場所」で、「お母さんと一緒」に、「いつものメンバー」で遊べる!!
という、子どもにとって3大安心要素が詰まった環境。



初めて参加した1歳半の頃はなかなか馴染めず、一人でお外で遊んでいたり、途中で帰ったり…。
「通っていれば必ずブレイクするから!」「そんな子は今までいっぱいいたよ」と
先輩ママさん達に励まされましたが、本当にその言葉通りになりました!
3歳になった今では、お友達もいっぱいできて、お弁当を食べて午後まで元気に遊んでいます。



最初は、子どものためにと思って入会したけれど、
今では、他のママの子どもとのやりとりを見て学べる場所、
良い刺激をもらえる場所でもあり
自分が子どもと一緒に安らげる場所にもなっています。



ピカソで皆でお片付けをするのが当たり前になっているので、
子どもが公共の場所でのお片付けを自然にできるようになり、
うちの子が率先してやると、それを見た他の子ども達が真似をしてくれたことがあり、
大人でもなかなかできない行動をする子ども達に感動したことがありました。



二人目が生まれてからは、
上の子の遊び場プラス、赤ちゃんを連れて通える場所として、
ますます有り難い存在になりました。



ピカソで過ごした時間はキラキラ輝く一生の宝物です。
子どもはここで人を信用することができるようになり、
人と関わることの楽しさを知ることが出来ました。
私はここでこんなにも温かく前向きな考えの人達がいると知って、
将来の自分たちの人生が良い方向に向かって行けると
希望を持つことが出来ました。



今、ご近所さんや幼稚園で他のお母さん達と良好な関係を築けているのも、
ピカソで母親同士が仲良くなれると教わったことがとても大きいです。



どんなに子育てのことを勉強したり経験を積んでも、
自分の子どもには上手く接することが出来ないので、
ピカソのように、他の人が他の子を看れる環境が大事なんだとわかった。



尊敬できる素敵なママ達と一緒に泣いたり笑ったり、
我が子だけでなくお友達の成長も感じることができた経験は、
私の財産です。
我が子と真剣に向き合えた二年間は
今後の親子関係にもきっと良いものをもたらしてくれると確信します。



ピカソとの出逢い…それはとある新聞記事。
『親も子も参加し成長する』という内容にビビっ。
参加出来る日を心待ちにしていました。

それは公園遊び等に疑問を抱いていた事もありましたが
当時2人目を出産したばかりの私。
2人目は障害を抱えまさに病院通いの真っ只中でもありました。

1人目も、遊びに行くより病院通いの付き添いばかりで、
遊びに連れて行く事も近所のお友達と遊ぶ機会もままならない状態でした。

2人目が1歳を迎え病院通いも落ち着き、ようやくその時が…。

元気過ぎる1人目、障害を抱えた2人目。
不安な気持ちの中入会しましたがピカソの雰囲気や仲間の温かい眼差し、
熱い思いに感銘を受けました。

心も体もめいいっぱい楽しみ、遊んでいる子どもの様子を
見ているだけでも幸せに感じます。

最初は自宅から電車を2回乗り継いでの行き来。
風邪等が流行る秋からは自転車で通いはじめる事を決意!
自宅からの様々な景色を見て発見の連続。
子どもと会話し、歌ったりとピカソに行くまでのプロセスをも楽しむ…
こういった思いもピカソを通じて学びました。

かけがえのない子どもたちとの時間。
子育てはとても大変です。
しかし、子どもたちの成長を共に見守り喜び分かち合っていける仲間がいる事、
悩みを話せる仲間がいる事…私にとって子育ての強い見方となってくれています。

これから先、育児につまずいた時も、自信を取り戻し、
子育てを楽しめる大切な場所であり、
人との繋がりが感じられる、それがピカソの存在ではないかと思います。

『life is once. enjoy your life.』



ご意見・ご質問はこちらへ pica_beans(アット)yahoo.co.jp
※(アット)を「@」に変えて送信してください。